苦土防草の原理

土に還る水酸化マグネシウム

【苦土防草】の防草の仕組みには、
①防草層(苦土層)による太陽光の遮断による防草
②酸化マグネシウムの水和反応(く溶性苦土)における硬化による硬度での防草
③養分の阻害(必須・微量元素)による防草(特許工法)
④肥料成分の過剰供給による防草(特許工法)があります。
参考→植物の成長に必要なもの知れば雑草を防ぐことができる防草のメカニズム

流通している多くの他の防草工法は上記の何れか1つの仕組み(光の遮断若しく硬度)で防草しますので弱点も多くなります。【苦土防草】は①~④の仕組みと酸化マグネシウム(苦土)の持つ特性(膨張能)等を利用して防草しますので、より安定した防草効果を期待できます。とはいえ雑草はあなどれません弱点もあります。

③養分の阻害は弱アルカリ特性が・・
④過剰供給による防草は、雑草の根から出る酸(根酸)に関係します。

苦土防草は、水和反応により水酸化マグネシウム(苦土肥料成分*以下水マグ)の防草層を形成させます。(下写真参考)

※③養分の阻害
苦土は弱アルカリ性の特性を持ちます、その特性により、植物の成長に必要な必須・微量元素(主に鉄Fe、マンガンMn)を固定し、雑草の成長を阻害します。植物は与えられる栄養素のうち最小のものに支配されます。(リービッヒの最小律)

※④過剰供給
根酸により植物は肥料成分の水マグ・苦土(弱アルカリ)を溶かして苦土を吸収します、これを専門用語で「く溶性」といいます。雑草の多くは3cm下に根茎をもつ特性があります。草取りの名手「おばあちゃん」はこの3cm下を手早く鋤き取ります。

【苦土防草】はその3cm下に、く溶性苦土(水酸化マグネシウム)による防草層を形成させます。硬さで種子から根付かせないこと、たとえ根付いたとしても、雑草は根酸で溶かした(溶解)苦土を、苦土の要求量は微々たるもののところを過剰に取り込み、生育を阻害されます。早い話が多量は毒に、少量は薬にということになります。。。

苦土を粉砕して元の土に戻せば、苦土は穏やかに根酸に溶け、その先も長く穏やかに効き、肥料としての役目、植物の葉緑素の生育促進等につながります。その際、肥料成分として混じりけのない物質であることが肝心なのです。

いくら環境に良いと言っても、固化剤として微量にでも使用されている成分が、例えば肥料成分だけでなければ(合成樹脂やセメント系等)、微々吸収する動植物に影響を与えることとなります。製造元(宇部マテリアルズ)から供給された、「特定の苦土(酸化マグネシウム)」100%のみで硬化防草する、【苦土防草】はその点でも安心してご利用していただけます。

気になる防草層の粉砕も用意にできます、苦土の防草層を部分的(若しくは全部)に壊して(なるべく細かく)元の土と混ぜれば肥料成分の含んだ土となります。植栽もできますし、環境への負荷も少なく、防草することができます。
(小面積はスコップ等利用、大面積は重機等による元土との混合)


白い部分が水酸化マグネシウム(肥料成分)の防草層
この部分を細かく粉砕して元の土に還します。(小面積はスコップ等で大面積は重機等使用します。)
水酸化マグネシウム