雑草の起源

雑草は人が生きるためのパン

雑草は、およそ1億年~2000万前頃に地球上に現れています。ちょうど裸子植物誕生~日本列島が大陸から分離した頃です。暑さと寒さの気候変動、氷河期から生き抜く、1年草が現れました。短い期間(雨のある期間)で花を咲かせ、実をつけ、種で不適期を乗り越え、また、花を咲かす術。

それから700万年前頃人類誕生経て、雑草は地球の砂漠化から、または塩基で不毛の大地を肥沃化し、後には農業の緑肥として土壌を作り共に歩んできました。不毛の地のパイオニアとして・・そして7000年前アラビア半島に初めて1粒系の穀物コムギが栽培され、その後雑草が交雑して2粒系のコムギに、これが改良されパン・マカロニ・スパゲッティーの原料となっている、説は様々だが雑草が深く関与していることに凡そ間違いはない。黒パンの原料ライ麦も、もとはコムギやオオムギの畑の雑草、ライコムギは交雑によって育種。東洋では5穀と呼ぶ、米・麦・粟・ひえ・豆のうちヒエは田の雑草の2次的作物。まさに、雑草は人が生きるためのパン「雑草のない所に人生なし」です。

影の立役者の存在にも感謝
トリフをつくらねば

植物の世界では
3億年前・・ 光合成を求めてコケ植物へ更にはシダ植物へ
1億年前・・胞子から種子へ、花が咲く植物裸子植物:スギ、イチョウ、ソテツ等。ちなみにイチョウの先祖返りは、シダ植物への先祖返りをいいます。

中央構造線では
7000万年ほど前に、すでにアジア大陸の東の端にできていた日本列島の大陸側半分に、南からやって来きた太平洋側の半分がくっ付いて、日本列島が完成した。その接合面が中央構造線である。
1450万年ほど前に日本海ができて、日本列島は大陸から離れた。そのとき糸魚川・静岡構造線の東側が陥没した。ここをフォッサマグナという。中央構造線を境に、日本海側を内帯、太平洋側を外帯と呼ぶ。

雑草の起源



コメント


認証コード2065

コメントは管理者の承認後に表示されます。