雑草の術・C4型の草は乾燥日向に強い

雑草の中には、特に乾燥や日当たりに強い雑草がいます。猫じゃらしでお馴染みのエノコログサ、お酒のつまみの、のんべぇ草のスベリヒユ、メシヒバ、オシヒバ、ヒメジョオン、セイタカアワダチソウ、等。

これらの雑草は、普通の草(C3型)とは違う光合成回路を持つ草です。C4型と呼ばれます。作物ではトウモロコシ、サトウキビ等がこれにあたり、熱帯・亜熱帯に多く、草類ではイネ科やキク科に多くみられます。

光合成の能力がC3型に比べ2倍ほど高く(2酸化炭素濃縮して効率よく行う)蒸散する速度も遅く、夏になれば(高温・日照り)にればより力強くなります。除草剤などにも強い雑草です。

雑草対策では、乾燥、日向に強い、これらの雑草から防除することが肝要です。

草取りのコツはこちらから

プロが教える草取りのコツ


雑草の術 C4型