Protect the environment .Weed control system 


雑草防除の目的と方法

雑草とは・・ なんだろう?

望まれないところに生える植物である。 と定義されている。いわゆる邪魔者扱いである。

しかし、マメリカのエマーソン(哲学者)は、雑草とは、いまだその価値を見出されていない植物である.すべての草には価値がある、と説いている。また、牧野富太郎先生は、雑草扱いされている植物も、じつに様々な利用法で紹介している。

野にある、小さな花の美しさに気づいたとき、もはや雑草ではなくなるのであろう。雑草かどうかを決めるのは、幸せを思う気持ちと同様で、決めるのは私たちのココロなのである。

雑草の美しさ、すばらしさは、道ばたに足をとめて、じっと見入るときだけ分かるもの。



雑草防除の目的

01、雑草が繁茂することにより、有用植物の生育障害や枯死すること。
02、鑑賞植物の美観を損なうこと。
03、人に被害(雑草による花粉症など)を与えること。

これらを予防したり、取り除くことであります。


雑草の防除法

1、機械的防除法(草かき等の、道具を使用しての作業)
・抜き取り除草
雑草を根ごと抜き取る(大変ですが)ので、再生を防ぐには、最も良い方法です。
・刈り取り除草(いわゆる、草刈りです。)
刈った草を緑肥や堆肥などにすることができ、雑草を利用するために、適した方法です。

2、科学的防除法(薬剤を利用しての防止)
・除草剤による除草と発生防除
・植物成長調整剤による草丈の調整

3、物理的防除法
・マルチングによる発生防止
・火炎放射器などによる焼却
【防草の友工法による防止】

4、耕種的防除法(耕したり、樹木などを植えたりして防止します)
・耕うん・整地作業
・植木・地被植物などの利用

5、生物的防除法(天敵や植物のもつ防御作用を利用します)
・昆虫・鳥類などの動物の利用
・植物のアレロパーシーの利用

より詳しく具体的は方法はこちらから

防草36策・・雑草対策36計


雑草とは?・雑草防除

To weed measures of Japan!