防草シートの失敗例

防草シート施工での注意点

光の遮断、上かけ骨材の選択、塀際・地際などの施工などに注意が必要です。

「うちもここと同じだ!」

写真はどれも防草シート施工をした後の状況です。草はたしかに抜きやすいのですが・・これでは防草対策とはいえないでしょう・・。砕石を撤去し、防草シートをはずして、新たに防草対策するのでは、経費もばかになりません(※防草の友Ⓡはこの上からの防草対策が可能です。)


防草シートの嘆き


防草シートの嘆き


防草シートの嘆き


防草シートの嘆き


防草シートの嘆き


防草シートの嘆き

施工上の注意

1、光の遮断

2、地際の処理

3、上かけ骨材の選択(保水、保肥性)

防草シートの上にのせる骨材について、よく砕石(0mm~25・40mm)仕上げをみかけますが・・
0mm~を含まない砂利(25mm)やビリ類などが良いでしょう
0mm~を含むと保水性・保肥性が高くなり雑草の種子がつきやすく成長しやすくなります。


防草シート 施工上の注意


防草シート 施工上の注意

防草シートからはみ出した、根の深い草花の処理は大変です。また、後のシートの始末にも手間がかかります。


防草シートの始末


防草シートの始末


植物の発芽には光は必要ありません。しかし、発芽後少しでも光があれば
その方向にまさに命をかけて伸びていきます。
光に向かう性質(人も同じか?)を十分知っておくことが必要です。
防草シート施工では地際など隙間なくシート貼る必要があります。


防草シートの始末


防草シートの失敗

To weed measures of Japan!