Protect the environment .Weed control system 


防草の友Ⓡ 開発の経緯

日本には昔から、苦汁(にがり)と、京都の深草土を利用した、三和土(タタキ)という伝統的な土間工法があります。最近では土の種が変わったり、固化材をかえたりしてその姿も変わってきています。その苦汁が酸化マグネシウムであり(正確には苦汁は塩化マグネシウム等の混合物で焼成によって※酸化マグネシウムに化学変化する)肥料分野では苦土(くど)とも呼ばれるものです。※マグネシアという別称もあります。

この酸化マグネシウム(以下酸マグ)を利用して、現代では、西日本を中心にして、環境に良い土舗装として施工若しくは販売されています。日本の伝統的工法の、三和土(タタキ)を利用した画期的な商品と思います。私も造園工事通じて長い間関わってきました。

この酸マグを利用した土舗装も、寒冷地の毎年繰り返される凍結融解、下層路盤からの凍み上り、表面の霜柱現象等に曝され、著しい硬度低下などが出始め、数年後にはかえって美観を損なうという結果となってしまいます。つなぎ材を混ぜたり、土を選んだりして、より強度をあげ施工することも可能ですが、かなりのコスト高となってしまい、現実的でなくなってしまいます。

昨今、ネットや物販店などで簡単施工で販売されている、所謂、固まる土等の商品などは、「え、寒冷地で本当に大丈夫なのか?」・・が本音のところです。

当時(10年前くらい)大手会社などでも、土舗装では撤退さえあった難攻不落の寒冷地です。安価な商品の販売だけでは、そもそも成り立つはずがありません。寒冷地施工に手馴れた地元企業などの施工技術や、機械力をもって対応しなければ、到底太刀打ちできないはずです。いわんや、農薬販売も同じで、強い除草剤売っては、後は取り扱い責任ということに他なりません。善意で知らず蒔き、周囲に害を及ぼし、落胆する消費者を少なからず見てきました。

私は草取りが大変だと思うのです・・

30年来勤めた会社を、家業の屋号を継ぐため退社し、事業を立ち上げました。すると物の見方が変わりました。いままであらゆることに、とらわれていた自分に気がつくことができました。土舗装における、土の固さ、転圧施工、利益、売上げボリューム等のこだわりがなくなって初めて気が付いたようです。

私の小さい頃の思い出に畑の草取りがあります。風のと通らないムンムンとした、モロコシ畑や長芋畑の中で、ひたすら汗をかいて、草を取ったことです。ですから、草取り=辛いものや、草取り=母の後ろ姿(辛かろう)を連想するのです。

草取り大変だな~

そこで生まれたのがコロンブスの卵と言われる、防草の友です。何故今まで誰も気付かなかったのか不思議なくらい、簡単な原理(工法)でした。

ある朝・・

寒冷地特有の霜柱現象の中にヒントがありました・・霜柱のできる過程に毛細管現象あります。それを利用して防草する工法が防草の友です。

  • 防草に特化する。
  • 酸マグを霜柱現象と同様に、毛細管現象を利用して、草本類根茎範囲に広げ雑草を防止する。(酸マグは弱アルカリ成分で、植物の成長を促す要素を固定します。)

そして2014年、特許共同出願及び商標登録(共同)

いろいろありましたが・・

2016年、特許共同取得
お客様を始め、お世話になった皆さまには本当に感謝しております。今後、少しでも皆さま(世間様)に還元できるよう精進して参ります。

2017年、今年も大変お世話になりました。
お陰様で年を越せそうです。(12/21)
来春からの仕事(雑草対策)もボチボチ入って来ています。防草の友Ⓡ工事は落語家と同じで、所詮は一人仕事、お待たせする場合もありますが、キッチリと行います。今後ともよろしくお願い申し上げます。

2018年10月
ご縁があって場違いの(大企業だらけ)
長野県新技術プレゼンテーションに参加
ドンキホーテでした。

※きつい仕事ではありますが、やりがいのある仕事でもあります。防草の友Ⓡ工事の施行者として、ご興味ある方はご一報いただけますと幸いです。


開発の経緯

To weed measures of Japan!