Protect the environment .Weed control system 


選び方の3原則 防草編

家庭を守る雑草対策

雑草対策に限らず、なにかの問題(例えば、庭造りやリフォーム等)の対策を考えるとき(選ぶとき)に、物の見方3原則という考え方があります。長く・広く・深く見るという物の見方です。雑草対策にも当てはまりますので、これから先、家庭を守るため、何かを機会、例えば、庭のリフォーム、結婚、新築相続介護健康を害す等に考えてみましょう。

単なるコストダウンを考えるだけならば、可能ならば草取りや剪定の管理を自分で行えば良い、これでかなり維持管理費の経費は下がります。しかし、大切な時間も体力も費やします。元来稼ぐべき時間を、草取り等で消費すれば、【元来稼ぐべきお金+草取り等にかかった経費(時間)=2重の経費】を失うこととなります。より根本的な【家庭を守る】、有効な選び方(見方)をしましょう。


選び方の3原則 雑草対策


01 長い目で見る(時間的1)

何年先で元が取れ、以後かかる経費は?などの費用対効果 
例えば幣所独自の【防草の友Ⓡ】の人力除草との費用対効果では、年2回除草で3年から4年で元(初期投資)が取れ以後草取りの経費が削減されます。→ 費用対効果 社会活動をしている限り、経済的な価値の有無は不可欠です。将来経済的に圧迫されるようでは困ります。

本当にこれ(場所・時期)が必要なの?
「業者の勧められるままに、庭を作ったのだが、または木を植えたのだが、子供が大きくなって車をおく場所がなくなり、壊(伐採)して若しくは移して、車を置かざるを得なくなった。今考えればもっと簡単な方法にしておくべきであった」車社会よく聞く話です。→ 庭の経費削減


02 広い目で見る(社会的影響力)

それを行うことで他に良い影響がある、いわゆる付加価値です。これがあればかなりお得ということになります。

雑草対策で例えれば・・
商売繁盛・ストレス低減効果・社会、周辺環境への貢献・美観・病害虫防除・人や自然、動植物への影響・誘客・経費削減・資産価値・オープンガーデン等々 これらの有無につて考えます。

03 深い目(根本的)で見る(時間的2)

家(家庭)を守ること
様々な問題の解決策もこれが原点(根本)でしょう

a.子供の成長、何年かすれば親元をはなれたりもします。

b.親も年を取る。・・親の身あっての自分

c.自分も年を取る。・・自分あっての家庭
高い所に登れなくなるし、体力も衰える、健康への自信も若い内だけです。終活も避けては通れません。

d.社会的立場が上がり多忙になる。

※これらを心に置き考えましょう。




選び方の3原則

To weed measures of Japan!