Protect the environment .Weed control system 


弱点デメリットとその対策 防草の友Ⓡ【PAT:苦土防草】

H30年度長野県新技術プレゼンテーションにおける提案の中には、デメリットを明記紹介する旨がありました。いい所ばかりでなく、悪い所も熟知しておりますのでご紹介いたします。やけに多いなと思われるかもしれませんが、当たり前のことも記載してあります。ご参照下さい。

【苦土防草】防草の友Ⓡにおけるデメリットは以下のとおりです。また、デメリットについての対策も記載いたします。

01.施工不良による草の出現・・苦土の量、敷均し不良、化学反応の不良等。(施工不良はどんな工事にもつきものです)
【対策】施工後若しくは翌年、草の出現を見て部分対応

02.透水性が劣る・・寒冷地仕様・耐候耐久性には不可避です。
【対策】めくら排水の設置。防草施工しながら必要に応じて設けます。

03.法面施工・・今までは踏圧のできる所まででしたが・・
【対策】カラ練工法で一輪車で資材運搬が可能な勾配まで施工ができるようになりました。(施工費は増します)

04.膨張性・・酸化マグネシウムの特性でもあり、短所でもあるが長所です、膨張により端際の草を抑えます。
【対策】施工後数日後に部分タタキ直しを行う。

05.土中凍上(凍上現象)による崩壊・・自然現象でやむ得ない(防草工事程度では・・)
【対策】必要に応じて踏みなおし、部分対応(オーガー・縦穴排水等)若しくは他の防草工事

06.アリやセミなどの出現・・昆虫類を滅するものではありません。
【対策】要望に応じて忌避殺虫剤等(一時的な処方です)

07.モグラ・・崩壊部が出る場合がある。
【対策】踏みなおし等による部分対応、忌避剤等

08.大型犬・・地面を堀る癖のある愛犬が防草層の端から掘り部分崩壊する。
【対策】部分対応若しくは他の防草工事。

09.球根類の出現・・出る場合がある。球根類は「花が咲き綺麗だからそのまましておいてくれ」と仰っている場合が多い。
【対策】要望があれば施工後若しくは翌年部分対応

10.ササは抑えるが竹はでる。また、樹木花弁類の株内の草は抑草できません。
【対策】竹は防草工事では不可、垂直面は防根シートによる対応、水平面はコンクリート等他の防草工事

11.車乗り入れの場合は下層路盤工が必要・・防草の友Ⓡは舗装工事ではありません、防草工事です。
【対策】別途下層路盤工が必要です。表土が厚くなる分、通常施工より草の出現も多くなります。

12.電気は必要ないが水は必要。
防草には化学(水和)反応が必要です。

13.寒冷地での冬季の施工は行わない。(12月~2月)
冬季は化学反応が鈍くなります。暖地はご相談ください。


弱点デメリットとその対策

To weed measures of Japan!